脂性肌の原因と対策

夏が近づいてくると、脂性肌で悩んでいらっしゃる人は憂鬱になってしまうようです。
なぜ、ベタベタして不愉快な脂性肌になってしまうのでしょうか。

 

一般的に、一番の原因は必要以上に皮脂を取り除いてしまうことだと言われています。
顔の皮脂が気になる人は、毎日ゴシゴシと何度も洗顔をする人が多いですよね。
「アブラが気になるから洗うのは当然!」と、洗浄力の強い洗顔料を使って顔を洗う…一見、当たり前のように思えますが、実はこれは大きな間違いなのです。
洗顔の後は皮脂が取れて爽快かもしれませんが、体は肌を乾燥から守ろうとして、慌てて大量の皮脂を多く出します。
結果、洗えば洗うほど脂性肌になってしまうという悪循環に陥ります。
刺激が少なく、洗浄力が強すぎない洗顔料で、皮脂を取りすぎない洗顔を心がけてください。

 

洗顔後のお手入れも、脂性肌の人は「乳液やクリームを使うとベタベタする気がする…」と、化粧水だけで済ませてしまう場合が多いようです。
これも皮脂が出続けてしまう原因の一つです。
化粧水をたっぷり使うのは構わないので、その後に乳液やクリームを入念に塗っておくことを忘れないでください。
ほどほどの油分が無ければ、肌はどんどん皮脂を分泌してしまうということを忘れず、常に適度な油分を補充すれば、脂性肌は改善していくはずです。